警察・消防・自衛官コース

2年制・1年制/男女

国や地域の安全を守る、警察・消防・自衛官の合格をめざして、
体力の向上をはかりながら、教養・適性・体力試験対策に取り組みます。

「なりたい」将来の職業

  • 警察官
  • 消防官
  • 自衛官(一般曹候補生・自衛官候補生・航空学生)
  • 都道府県職員 初級
    (一般事務・学校事務・警察事務)
  • 市区町村職員 初級
    (一般事務・学校事務)
  • 海上保安官
  • 入国警備官
  • 皇宮護衛官
  • 刑務官

「取得したい」メイン資格・検定

  • Word・Excel検定 2・3級
  • 簿記検定 2・3級
  • 電卓検定
  • 一般教養力検定

コースの特長

要点をおさえた学習で公安系職種をめざす!

安全を守る公安系職種をめざす人に。出題されるところを重点的に学習し基礎から学べるカリキュラムで、教養試験・適性試験に挑みます。

公安系公務員の主な仕事
■警察官
警察学校で研修を受けた後、各警察署に配属され交番勤務を経験し、その後本人の希望や適性から①警察部門 ②防犯部門 ③外勤部門 ④警備部門 ⑤交通部門 ⑥刑事部門のような仕事に就きます。
■消防官
消防学校で研修を受けた後、消防署に配属され、①消火活動 ②救急活動 ③予防活動 ④救助活動の4つに従事します。
■自衛官
(1)一般曹候補生
入隊後は部隊勤務を通じて各種技術等の教育訓練を受けます。そして採用後約2年9ヵ月経過以降、選考によって3等陸・海・空曹に昇任、全国の舞台に配属されます。
(2)自衛官候補生
陸上自衛官は1年9ヵ月(一部技術系は2年9ヵ月)、海上・航空自衛官は2年9ヵ月を1任期(2年目以降は各2年)として勤務し、教育訓練を受けた後に各部隊・基地等に配属されます。
(3)航空学生
海上自衛隊・航空自衛隊のパイロットなどを養成しています。

知識と体力向上をめざした充実カリキュラム

公安系公務員試験で実施される体力試験対策も万全です。体力トレーニングなど、実践に役立つ実習でさらなる体力増進を図ります。

カリキュラム(学習内容)

専門知識

官公庁研究/自治体研究/数的推理/空間把握/判断推理/資料解釈/文章理解/政治/経済/国語/作文/適性試験対策/論文対策/日本史/世界史/地理/理科

実務技能

トレーニング実習/パソコン実習(Word・Excel)/模擬面接実習/履歴書・自己PR実務/ビジネスマナー実習/電話応対実習

ビジネス教養

簿記検定対策/Word・Excel検定対策/電卓検定対策/ビジネスマナー

タイムスケジュール

MON TUE WED THU FRI
1限目09:10-10:00 適性試験対策
電卓検定対策
適性試験対策 履歴書・
自己PR実務
適性試験対策
電卓検定対策
適性試験対策
2限目10:10-12:00 ウィークリー
チェック
国語 数的推理
(文章題)
文章理解 判断推理
(判断図形)
昼休み
3限目13:00-14:50 政治 地理 作文 経済 経済
4限目15:00-16:50 トレーニング
実習
職種
業界研究
模擬面接実習 パソコン実習 トレーニング
実習

※1時間ごとに休憩が入ります。

※試験前には、合格対策として授業が延長されることがありますが事前にお知らせします。

※上記時間割はモデルケースです。

※一定期間の履修内容を掲載しております。

Student's Voice

日向 真哉斗さん宮城県/東北生活文化大学高校 出身

先生のわかりやすい授業と楽しい雰囲気で、勉強に打ち込める

子どものころから警察官になるのが夢でした。きっかけは、地元の警察官。明るくフレンドリーな人で、地域の人たちから信頼されている彼の姿は私の憧れでした。高校では、部活動が忙しく公務員試験を受けられなかったので、合格率の高い仙台大原へ進学。授業中の雰囲気がいいので、勉強にも楽しく取り組めています。在学中から、ランニングや筋トレといった体力づくりのほか、警察官に必要なコミュニケーションスキル磨きにも力を入れて、市民に頼られる警察官になりたいです。