メニュー

県庁・市区町村職員コース

【2年制・1年制/男女】

目標とする各自治体の行政特色、試験スタイルを研究し、学力と知識を高めながら、合格をめざします。

「なりたい」将来の職業

「なりたい」将来の職業

  • 都道府県職員初級(一般事務・学校事務・警察事務)
  • 市区町村職員初級(一般事務・学校事務)

「取得したい」メイン資格・検定

地方公会計検定 Word・Excel検定 2・3級 電卓検定 一般教養力検定


コースの特長

POINT01 都道府県、市区町村職員をめざす

各自治体の政策や現状などを研究。自治体ごとに実施する個別・集団面接での2次試験も対策万全。試験直前まで何度も練習するので自信がつきます。

地方公務員初級の主な仕事内容 ■都道府県初級 (1)行政事務
知事部局、各種委員会事務局、各種公営企業関係機関および県立学校等に勤務し、主事等として、庶務、経理、企画等の一般行政事務に従事します。
(2)学校事務
市町村立の小・中・養護学校などに勤務し、主事等として、庶務、経理等の学校事務に従事します。
(3)警察事務
警察本部または警察署等で庶務、経理、企画、広報等に従事します。
(4)技術系職種
電気・機械・土木・農業に分かれ、企画、設計、管理や、指導援助、試験研究等の業務に従事します。
■市区町村初級 (1)一般事務
本庁、出張所、福祉事務所、保健所、区民会館、図書館、小・中学校等に勤務し、庶務、経理、企画、立案、調査、指導、折衝等の一般行政事務に従事します。

POINT02志望する自治体情報をしっかりと把握

大原が長年蓄積したノウハウと豊富な過去データをもとに、「地方行政研究」で各自治体の政策や試験傾向を把握していきます。

  • 蓄積された豊富なデータで万全の対策ができます。

    蓄積された豊富なデータで万全の対策ができます。

  • 希望の自治体に合わせて繰り返し面接対策を行います。

    希望の自治体に合わせて繰り返し面接対策を行います。


ピックアップ

ピックアップ

公会計の勉強も仙台大原

公会計とは、地方公共団体で行われている会計のことを言います。公務員として活躍するためには、公会計の知識 が役立ちます! 仙台大原では在学中から、公会計の軸となる複式簿記の知識や実務に役立つ財務書類の見方などを 学んでいきます。



カリキュラム

専門知識 地方行政研究/自治体研究/数的推理/空間把握/判断推理/資料解釈/政治経済/国語/作文/日本史/世界史/地理/理科
実技技能 パソコン実習(Word・Excel)/インターネット実習/模擬面接実習/ビジネスマナー実習/電話応対実習
ビジネス教養 簿記検定対策/Word検定対策/Excel検定対策/電卓検定対策/ビジネスマナー/地方公会計

タイムスケジュール

  MON TUE WED THU FRI
1限目09:10-10:00 適性試験対策
電卓検定対策
適性試験対策 履歴書・自己PR
実務
適性試験対策
電卓検定対策
適性試験対策
2限目10:10-12:00 ウイークリー
チェック
日本史 作文 世界史 地理
昼休み
3限目13:00-14:50 政治 国語 地方行政研究 文章理解 経済
4限目15:00-16:50 数的推理
(文章題)
判断推理
(文章題)
模擬面接実習 数的推理
(数的図形)
判断推理
(判断図形)
  • 1時間毎に休憩が入ります。
  • 試験前には、合格対策として授業が延長されることがありますが事前にお知らせします。

Student Voice

Student Voice

仙台大原を選んだ理由は公務員試験合格率がどこよりも高かったから

加藤 麻里さん
秋田県/湯沢翔北高校 出身
地方公務員をめざしていたので、公務員試験合格率がどこよりも高い仙台大原に進学しました。毎週テストがあるのですが、自分の弱点を見つけやすく、こまめに実力チェックができます。繰り返し学習することで、確実に知識が身についていることを感じますね。目標は公務員試験の合格、そして自分の幅を広げるためにいろんな資格取得にチャレンジすること。将来は、公務員という立場で、地元男鹿市の観光PRなどに携わっていけたらと思っています。