お知らせ

【専門学校と大学の違いが一目でわかる!】大学検討している方にもおすすめなコースを確認してみよう。

2022.09.01



大学と専門学校の違いとは


高校卒業後の進学で、「大学への進学」、「専門学校への進学」のどちらにするか、進路を迷っている方も多いと思います。
大学と専門学校の進学を考えるにあたって、目的や学び方、向いているタイプなど何がどう違うのかを理解して、自分に合った進学先を選択しましょう。




仙台大原ではめざす職業に合わせた7系統38コースの中から選択が可能です。

今回は大卒程度区分の公務員試験にチャレンジできるコースや、取得難度の高い資格をめざすコースなど大学と検討中の方にもオススメなコースを紹介。

オススメコース①
公務員系:国家公務員(大卒)・地方公務員(上級)コース
※コース名タップでコース詳細ページへ。



▲公務員試験では「上級(大卒程度)」「中級(専門・短大卒程度)」「初級(高卒程度)」という3つの区分があり、それぞれの区分の中でも上級(大卒程度)に合格すると将来幹部候補職員として働くことが期待され、専門卒でも大学卒と同程度の待遇が得られます。
仙台大原の国家公務員(大卒)・地方公務員(上級)コースでは大学4年間で学ぶ専門科目を2年間で効率よく学習し、公務員試験(大卒程度)の合格をめざします

高校卒業すぐに本コースに入学した場合、大卒程度だけでなく高卒程度も受験できるため、公務員試験の合格にぐっと近づきます。
初めて公務員試験の勉強をする方も安心。仙台大原では0からのスタートで公務員をめざせます!



コース卒業生pick up
財務専門官(大卒程度)合格
国家公務員一般職(大卒程度)合格

▲高校新卒で入学 国家公務員(大卒)・地方公務員(上級)コース 卒業 佐久間 湧大さん


オススメコース②
税理士・会計士系:税理士コース・公認会計士コース

※コース名タップで系統詳細ページへ。



▲有名難関大学の大学生でも現役合格は難しいとされる税理士や公認会計士。
仙台大原では高校を卒業して2~4年間の短期間で難関の税理士試験(科目合格)や、公認会計士試験に合格する学生を毎年輩出しています。

税理士・公認会計士合格者の声を確認する

仙台大原の税理士・会計士系の各コースでは税理士、公認会計士の試験対策に特化して勉強するため、大学生よりも早く難関資格を取得し、就職が可能
簿記未経験の方でも日商簿記の勉強からスタートするので安心です。大学編入や大学院進学(4年課程)も考えることもできるため、毎年大学と検討されている方も多い系統です。

大学編入や大学院進学について確認する


【2021年度合格実績】

税理士試験 簿記論
仙台大原 合格率 84.2%
(16名合格/19名受験)
※全国平均合格率 16.5%

税理士試験 財務諸表論
仙台大原 合格率 70.0%
(14名合格/20名受験)
※全国平均合格率 23.9%

公認会計士試験 短答式
4名合格

公認会計士試験 論文式
2名合格

オススメコース③
情報系:AIシステムエンジニアコース
※コース名タップでコース詳細ページへ。



▲AIの認知が高まった今日、これからは「AIを扱える人材」が求められます。
世の中的にも需要が大幅に伸びている一方で、日本ではAI人材の輩出が大幅に遅れており、一方で企業からの要請は多く、人材が不足している状況です。
これからはAI×ビジネス、AI×生活等が当たり前になる時代に突入するとされています。

仙台大原のAIシステムエンジニアコースでは「AIのシステムを構築する」というよりも「AIに活用されているプログラミング言語、Pythonパイソンを理解してAIをビジネスに活かすことを考えるスキル」を身につけ、Society5.0時代に求められる、AIを扱える人材をめざします



▲仙台大原で学べるAI分野を確認しよう。プログラミング未経験でも安心なカリキュラムです。


オススメコース④
ビジネス系:不動産ビジネスコース
※コース名タップでコース詳細ページへ。



不動産業を営む営業所ごとに5名に1名以上の設置する法的義務があるため、不動産業界では必須と言われる宅地建物取引士。
宅地建物取引士にしかできない仕事(契約締結前の重要事項の説明、重要事項説明書面への記名、契約内容書面への記名)があり、資格手当として月1~3万円を支給する会社も多く、他職種でのキャリアアップにも役立つため、人気の国家資格です。

仙台大原の不動産ビジネスコースでは、不動産業の全体像を把握できる宅地建物取引士の資格取得後に、一部試験範囲が重なっている賃貸不動産経営管理士にチャレンジし、ダブルライセンスをめざします

【2021年度合格実績】

宅地建物取引士
 9名合格
※全国平均合格率 17.9%


オススメコース⑤
ビジネス系:デジタルマーケティングビジネスコース
※コース名タップでコース詳細ページへ。



▲デジタルマーケティングは顧客のデジタル上の行動をデータ化して行うマーケティングです。ユーザーのアクセス行動だけではなく、ウェブサイトの閲覧数などあらゆる情報を収集することができ、これらのデジタルデータを分析することにより、ユーザー一人ひとりのニーズを認識することができ、ユーザーにとって有益な情報を提供することが可能です。
リアルでの接点が中心であった業種などにおいても消費者とのオンラインでの接点の重要度が増えており、今後より一層デジタルマーケティングの重要性が高まってきています。

仙台大原のデジタルマーケティングビジネスコースではITパスポート試験やネットマーケティング検定の資格を取得し、デジタルデータを分析・解析し、企画・立案まで行えるデジタルマーケターをめざします


7系統38コースあり、資格取得や公務員合格に直結する仙台大原。
めざす進路によってコースや在籍する年数を入学してからでも変更可能なコース変更ができることも魅力の一つ。



▲コース変更以外にも仙台大原の特長を確認するなら上記をタップ。


興味をもったら、オープンキャンパスでさらに仙台大原を知ろう。
お待ちしております。



▲上記画像タップでオープンキャンパス日程確認できます。